Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年02月
ARCHIVE ≫ 2011年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

講師させて頂きました

ふじさーくる プレラ教室 で講師をさせて頂きました。

足元の悪い中、たくさんの方が来て下さり、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
にぎやかしのおもしろい大好きな面々もありがとう

いたらぬ点も多々ありましたが、
スタッフはじめ皆さんに助けられ無事終えることができ感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

今日作らせて頂きました料理は。。

春待膳 ~harumachi no zen~ 
テーマ:春を感じる和洋折衷のお膳

①洋風手鞠寿司3種類 バルサミコで酢飯を作ります。
②蕪餅の薄氷仕立て 春の雪解けイメージです。
③春野菜の擬製豆腐 フワフワ豆腐です。
④春霙(みぞれ)和え 薬膳仕立て 潤い効果たっぷり!
⑤春三笠&春音プリン 桜の焼き印を楽しんでいただきます。


コンセプトは、『マクロでも簡単にできる春のおもてなし』

和風のお雛祭りver.  朱のミニ重箱を開けると。。中から手鞠寿司です
漆器
洋風のおもてなしver.  ガラスで春風のさわやかさを演出
ガラス

いつもは公民館の食器をお借りするのですが、
今回は、マクロビオティックでもこんなにおもてなしができる
というのをお伝えしたくて、食器など持ち込み、みんなで調理台に簡易ディスプレイ。
2パターンです。 同じメニューでも印象がガラッと変わります。
同じ汁椀でも、
ガラスのお椀は、蕪の葉のピュレで吸い地が緑に変化するのを楽しめ、
漆のお椀は、開けた時の緑が目に飛び込むという、違った楽しみ方ができます。

こんな感じですすんでいきました。 すごく上手に写真をとってくれた友人にも感謝です
全体 フォーカス
とっても緊張でしたが、友人たちの顔顔顔に助けられました。ここにも登場!はっちゃん。
楽しい 過程

タイトル先行でレシピを考えていきました。
普段、自分の舌を信じて分量適当で作るので、数値化することに苦労しました。
何回も試作し、なんとか前日にたどり着いたという感じです。

でも、皆さんからおいしいの声をいただけてホッとしました

蕪汁と擬製豆腐、甘酒の春プリンは隠れた自信作
ちなみに蕪餅のお吸い物は、はっちゃん(友人)が好むものをイメージ、
手鞠寿司は、のんべえりえちゃんのワインのお伴をイメージしています
三笠は生地の柔らかさが難しく、試作を重ね、家が三笠の皮だらけになりました
小豆はレーズン餡にクランベリーをアクセントに入れたのですが、甘酸っぱくオススメです。
皆さんピンク色にキレイに焼きあげて頂き、家で自分で作ったものよりキレイでした

たくさんの方のサポートのおかげで、
楽しく料理を作り上げることができて本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。