Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ セレンディピティ料理研究所 和の趣①TOP料理教室 ≫ セレンディピティ料理研究所 和の趣①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

セレンディピティ料理研究所 和の趣①

夜からは、セレンディピティ料理研究所 和の趣コース①です。

えいこ先生の趣味・センスが素晴らしく、
心地のよい風が抜けるようなとっても気持ちのいい教室です。

和の趣コースは、日本料理歴20年以上の吉野雄司先生が教えて下さいます。
吉野先生は現在、KII(クシ・インスティチュート・インターナショナル)の登録シェフ、
シニアクッキングティーチャーとしても活躍されているそうです。

流派(?)が違うというと変なのですが、役職がすごいかどうかがわかんないんですが、
割烹に食べに行った時に、とてもきれいに丁寧に料理されている印象が強く、
マクロビベースの日本料理はぜひ受講したい!と思いました。

さて、今日のメニュー
春は陰性のものを上手に取り入れて排毒しようということから
筍や木の芽や山菜がたっぷりです。

はと麦玄米ご飯
お吸い物
筍木の芽和え① 切干大根ver.
筍木の芽和え② キャベツと大根おろしver.
筍木の芽和え③  きんぴら風ver.
山菜味噌焼き  蕗味噌をぬったテンペをいただきます。
ちまき        今日のメインちまき!


木の芽和え多い!と思いますよね(笑)
色々な素材と木の芽を和えるというのがとても新鮮でした。
蕗味噌も簡単で、木の芽に変えたら木の芽味噌、応用効きます。

日本料理① (6) 日本料理① (7)
日本料理① (5) 日本料理①
日本料理 
柚子の花だそうです。ウグイス菜の間引き菜とワカメのお吸い物。

ちまきの巻き方を教えて頂きました。
手作りちまきをプレゼントしたら、かなり印象
日本料理① (4) 私のちまき
皆で作ったちまき。          私のまいたちまき。ムチムチです。

簡単にほどいて食べていたのが申し訳なかったくらい、結構難しいです。
子供の頃からちまき大好きだったので、とっても嬉しいレッスンでした。

色々な山菜のアク抜き方法なども教えて頂いて、とても勉強になりました。
偶然にもおもしろまっこさんや、MIでご一緒の方が。

あと2回、楽しみです。

大橋より
途中、桜色に染まった大阪の街に足をとめました。
こう見たら大阪ってキレイなんですよね~



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。