Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ デトックスTOPマクロビな思考 ≫ デトックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

デトックス

朝から料理教室、そして夜はプラーナで講義でした。
移動距離の長い一日でした

「デトックス」
今はやりのデトックス、色々雑誌などでも取り上げられてますが、
どうしてデトックスが身体にいいのか、皆さんご存じでしょうか??

今までの健康法は、○○を食べたら栄養が摂取できると、足し算の健康法でした。
デトックスは「引き算の健康法」 
体内の老廃物(毒素)を出して、身体の代謝機能を高めていこう ってなことです。

デトックスすると、
新陳代謝が活発になり、ダイエットや美肌、老化防止効果があります。
では、なぜ新陳代謝が活発になるか?
毒素が酵素と結びつき、酵素の働きを阻害してしまうのですが、
毒素が抜けると酵素が本来の働きを取り戻し、
酵素が働くことで元の代謝に戻っていくからなんです。

阻害されていたものがとれると、血液やリンパの流れもよくなり、むくみにくく、
肩こりの解消にもなります。
免疫力もアップするので、風邪をひきにくくもなります。
もちろん便秘の解消につながります。
実はこれが重要!
体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から・・・
排出されます。大部分が便からなんですよね。
てことは、余りサウナは意味がないんです。

じゃあ毒素ってなに?
大気汚染や食品添加物、環境ホルモン、有害重金属などの有害物質です。
残念ながら意外と身近なものから体内に入ってしまってます。

食品添加物、日本人の年間平均摂取量は?
1年で20~30kgもの食品添加物を食べている事に。
日本人が一番世界で食品添加物を使っているんです。
それは、昆布出しなどの、旨みという文化だから。
アジアは旨み文化圏なので、食品添加物使用量が高いんです。
意外とアメリカは旨みの文化じゃないので使ってないんだそうです。

毒素を出していくには?
簡単、食べない事=断食、腸の中をまずは空っぽにすること。
腸にはリンパ球の7割があり、腸が免疫力を司っているといわれています。
腸をきれいにすると風邪もひきにくくなり、アレルギー体質の改善にもなります。

そして断食することで酵素を消化酵素ではなく、代謝(修復)酵素にまわします。
有効な方法は、月のリズムにあわせてデトックス(断食)
新月は解毒力が最大に高まる時、満月は吸収力が最大。
この月の二日、昼は小豆ご飯、夜は断食。
夜の断食が効果があるのが、夜に身体の修復が行われるからなんですね。

昔の日本人は、新月・満月は小豆ごはんを食べていました。
デトックスという言葉がまだない時に、身体の声を聞けてたんだな~と
思うと、今の私たちがいかに退化しているかを感じます。
(小豆は腎に効果があり、余分な水を排出してくれます)

断食しながらお腹を生姜シップや塩浴などで温めたらもっと効果的!
お腹がぐるぐる動いてきて便秘が解消されてきます。

そして、肌からも有害物質を入れないこと。
口も肛門も、粘膜ですよね。実は内臓の一部なんです。
口が渇いたり、口内炎ができているということは、
免疫力が落ちている=生命力が落ちているんです。
赤ちゃんはよだれがこれでもか~って出ますよね。
唾液=免疫力、生命力が強いんです。

そして粘膜ってとても吸収してしまうんです。
化粧品や歯磨き粉、目薬にヘアマニキュア、ナプキン、
有害重金属や環境ホルモンなどが入ったものは身の回りに色々ありますが、
なるべくこれらを身体に入れないようにすることも大切です。
確かにナプキンを布に変えてからは、生理痛がなくなりました。
実は半信半疑だったので、これにはびっくりです。
でも、私も普通に化粧したいです。お酒も飲みたいです。
だからこそ、お通じよくしてデトックス、
多少の毒素を入れても、きちんと出せる身体にしといたら大丈夫。

あと自分にとって消化酵素が少ない食べ物も控えた方がいいんです。
例えばアルコール分解できない人にとってのお酒は毒ですよね。
私は乳製品を食べるとすぐに吹き出物ができます。
子宮筋腫もあるので、乳製品への消化分解酵素はどうも少ないようです。
めっちゃチーズやバター好きだったので残念なんですが。。

と、長々書きましたが、
色々あちらこちらでデトックスについては勉強していますが、
結論としては、何よりちゃんとお通じが出るってことが大切。
お通じから毒素を出して、酵素を活発にし、代謝がよくなり、
そしてきれいになってアンチエイジングになれば、
女性にとって何よりですよね

そのためには、毒素の少ない素材を選び、
お通じをよくするために、玄米や野菜で食物繊維をしっかりとり、
腸内細菌を整える昔ながらの味噌やぬか漬けなどの発酵食品を食べる。

そう、結果、日本の伝統食=マクロビオティック食にいきついちゃいました。

と夜にこれを書いてるのも、代謝的にはアウトです




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。