Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ セレンディピティ料理研究所 和の趣②TOP料理教室 ≫ セレンディピティ料理研究所 和の趣②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

セレンディピティ料理研究所 和の趣②

①でも書きましたが、
和の趣コースは、日本料理歴20年以上の吉野雄司先生が教えて下さいます。
吉野先生は現在、KII(クシ・インスティチュート・インターナショナル)の登録シェフ、
シニアクッキングティーチャーとしても活躍されているそうです。
とっても丁寧で、和食の基本~見せ(魅せ)方まで教えて頂けます。

今日は、春から夏に移行する季節という事で、蒸し野菜がたっぷりです。

今日のメニュー
①東寺蒟蒻木の芽田楽 (湯葉を使ったものは東寺と名がつくそうです)
②唐草大根サラダ (お刺身の飾りなどに)
③蒸し野菜木の葉づくり (このひと手間が「できる人」な感じです)
④空豆塩ゆで
⑤お楽しみ~瞬間料理 (ひえとりんご&人参ジュースでさくらんぼ)
⑥大根葉入り玄米ごはん
⑦清水仕立て (クレソンと大根と海苔)
⑧水無月豆腐 (練って練って練りあげます。もっちり~)


これは木の葉づくり。
和② (4) 和② (5)
簡単そうに見えますが難しい。まず大根をすごく薄く切るのが難しい、高さも意外と揃わないんです。

飾り唐草を大根葉で作ります。
和② (3)

先生のイメージ図。
これを見て、各人飾りつけ、先生に手直ししてもらいます。
和② (6) 
和② (7)
微妙な位置で印象がガラッと変わります。バランスが難しいですね。
飾り付けにも陰陽があるんです。


参加者7名でいただきます
和② (2)

和② 和② (8)
少し固めに炊かれた玄米ごはんもおいしいです。 水無月はひまわりの種。担当の方が40分ほど練ってました。

3回の予定でしたが、1年を通して四季の日本料理を教えて下さるそうです。
盛り付け方や飾り切りを教えてもらいたいですね


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。