Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ てごねパン講座 基本②TOP料理教室 ≫ てごねパン講座 基本②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

てごねパン講座 基本②

鹿島先生のおよめちゃんの会のパン教室。今日は夜から。
2回目が参加できずに、別日で教室を開いてくれました。(ありがとうございます!)
本当は「およめちゃんの会」なのに。。。今日は新婚でもない10年越夫婦ばかりです

この「てごねパン講座の基本編」
まずは基本のパンを知ってほしいからと、あえてマクロビではないパンを作ります。
粉や油脂の性質、よく使われている材料や一般的な工程を知ることが大切。
なので、今日はバターも牛乳も使いました。
先生ですら、久々に牛乳買った~と言ってました(笑)

今回のお題は「白パン・お惣菜パン」
やった~!お惣菜パン大好きです♪しかもなんだか懐かしい定番な惣菜パン。
コーンマヨネーズパンとハムパンです。(マヨネーズとハム、かなり久しぶりです)
コーンとマヨネーズってやっぱり王道の組み合わせですよね。
おしゃれなパン屋さんというより、学校の近くにあるパン屋さんな感じ。

マクロビアンはどん引きかもしれませんが、そこは先生の意図があり、
このパンで具の巻きこみ型とのせ型、成形の仕方を教えてもらいました。

2次発酵後です。
パン (2) パン (5)
くっつかないように、交互に配置します。           ハイジの好きな白パン!
こうすると熱風の流れもいいんです。             牛乳の甘みをほんのり感じます。

パン (4) パン
こうやってハムの花を作るんだ!とベタな形に感動。   定番コーンがいっぱい。中学生の時によく食べたな~
意外と均等に丸くするのも難しいんです。


パン (3)
チラうつりのなおさんのダンナさん。
うしろ姿の鹿島先生は、正食協会ですっごいお世話になった先生です。
マクロビでもすごいのに、普通の料理もすっごいです。
(逆でした。普通がすごいからマクロビがすごいのですね)


うちのダンナ氏も2回目でようやくコツをつかんだというか見えてきたようで、
楽しくなってきた様子です。早くベーコンエピを作りたいようです(次の次)。
明日はパン三昧な一日です


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。