Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ レシピの文章量TOPおしごと-ケータリング/担当 ≫ レシピの文章量

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

レシピの文章量

企業の社内報に載せるレシピを考えています。

スイーツが今までなかったということで、
ブルーベリーの豆腐タルトを考案中ですが、悩みの中です。

ここ数カ月の社内報を送ってもらい見てたのですが、
強敵 !! 「めんつゆ」 や 「顆粒だし」 「市販のホワイトソース」 を使っているので、
材料が少ない、手順も簡単なレシピで構成されているんです。
でもチーズこんがり、おいしそう~な写真です。

私もマクロビする前は普通に使っていました。働いているとやっぱり便利なんです。
マクロビを勉強して、はじめて市販のものの裏側を考えられるようになり、
何よりこの不自由さが面白いと思うようになってきて、
ようやく手間をおしまずに料理するというのが根付いてきた感じです。

そして、レシピ・・・

マクロビだと、この「ホワイトソース」を作るのだけに、
レシピの文章量が、一般メニュー並みになってしまうんですよね
グラタンとか、どんなに長くなるかって感じです。
マクロビアンは長いレシピに慣れすぎです(笑)!←普通じゃないです。

今回のスイーツは、
豆腐ムースだけで、白味噌やら寒天やら葛やら普通では入れないものが入り、
タルトだけでも数種類の粉が入り…と、普通のマクロビレシピになってる中、
いかに材料を減らして簡単な手順で、手に入りやすいもので作るかを考えています。

そして、マクロビをいかに短く伝えるか。
マクロビとは何かとか、砂糖の話も、乳製品の話もお塩の話もしたいんですが、
誌面には載せられません。

だから、卵や牛乳、ゼラチンを使わないでもスイーツが作れる!
というのをお伝えしたくこれに決めたのです。が、悩みのどつぼ・・・

今日も試作して、レシピを少なくするようチャレンジです。





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。