Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ スパイスレストラン ぶはら  TOP③お店-カレーLOVE! ≫ スパイスレストラン ぶはら  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

スパイスレストラン ぶはら  

昨日のタイ料理で、スパイス好きに火がついてしまいました

ケーキを届けるついでに、以前から気になっていたスパイスレストランへ。

摂津本山の『ぶはら』(HPなし)
078-452-5577
神戸市東灘区岡本1-4-5 マナ岡本ビル 2F
定休日が火曜&木曜(変更になったらしい)


Bukharaってウズベキスタンの街の名前。シルクロードの交易地。
シシカバブがメインだったり、インド!なスパイスではありません。

電話予約をすると、何を食べますか?と聞かれました。
アラカルトで決めたいと言うと、材料の加減がありますので、
コースでお願いしますとのこと。
何の情報もないまま(HPなし)、とりあえず「香りのコース」なるものを。

buhara.jpg
店内もエスニックですが、店内写真は撮影不可だそう。

「香りのコース」 (3500円位だったかな)
カリー(4種からチョイス 若鶏・仔羊・海老・野菜)
ピタパン&サフランライス付
サモサ 2種
サラダ 2種
デザート or 飲み物
シシカバブは追加注文。


buhara (2) buhara (3)
スパイスセットが机にセットされています。     なすのサラダとヨーグルトのサラダ。

buhara (4) buhara (5)
生地がさくさくのサモサ。青唐辛子ソースおいしい~ このツブツブはなんだろう。雑穀でいけそうです。 

buhara (6) buhara (7)
めっちゃ羊!かなりクセありますが、自分が     赤いのが羊、これまたクセありますが、
好きなようにスパイスを調合してかけると、     この辛さとマッチしています。
そのクセがなんともいえない旨みに~        海老ときのこたっぷり、クリーミーなカレー。
西欧人がスパイスを求めた気持ちがわかるなぁ。 タイカレーとはまた違ってますね。


buhara (8) buhara (9)
印度アイス。中近東じゃなくインド?とつっこみ。 チャイです。チャイは貝塚の拝啓カレー様が最高!
あまり冷たい感じせず、ちょっとおもしろい食感。  でもこのグラスで飲むのが雰囲気あります。
乳脂肪分のコクがあります。              トルコで飲んだお茶を思い出します。



ダンナ氏曰く、伝説?カレー屋、「天満橋カシミール」の辛さに似てると。
確かに~と思いながら、でも、パンチはカシミールがダントツ。

いつもとは違った中近東なお味つけのスパイス、
おいしかったのですが、コスパ的に??という感じが。
スパイシーなカレーなのに、ごはんが1人前くらいしかサーブされず、
調整しながら頭つかって食べてはみたものの、やはりカレーがあまるあまる。
「すいませ~ん、ごはんって少なかったんですけど、1人前と間違ってないですか?
カレーがスープのように食べないといけなくなったんですがぁ」 と聞いてみたら、
「コースなんで~おかわりはありませんので追加注文お願いします。
僕なんかは食べ慣れてるので、ライスにじゃばじゃば汁をかけて食べます」
とのこと。確かにカレーライスではないですもんね。

でも、ごはん好きの私としては、ライスのお変わりは自由がよかったなぁ。。
あと、デザートor飲み物 も、デザート  飲み物  にしてほしいなぁ。。
と、おいしかっただけに、なんとなく残念な感じが残りました。
アラカルトのカレーはもっとごはんつけれくれるそうですが。
ランチで行く方が、コスパ的に満足できるかもしれませんね。

でも、スパイス好きな方にはとってもおすすめです。
いつものカレーとは違った楽しみがあります。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。