Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 春の遠足♪正暦寺の精進料理TOP①お店-マクロビ・薬膳系 ≫ 春の遠足♪正暦寺の精進料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

春の遠足♪正暦寺の精進料理

奈良の 正暦寺 で精進料理をいただきました。

天理で10名程でお野菜を食べられるお店を探していました。
奈良伝統野菜の食べられるお店に電話したところ定休日
他に近所でありますか?と聞いてみたら、ご親切にこちらを教えて頂きました。

てことは、こちらに縁があったんですね 調べてみたところ、
精進料理やもみじ、日本清酒発祥の地で有名な歴史あるお寺さんでした。
(何も知らずに予約してスイマセンな気分でした^^;)

タクシー 石上神社~2800円 奈良~3300円

3700円のお膳です。
正暦寺 (3)

お米やお野菜、保存食はこちらのお寺や近郊で採れるものばかりです。冬と春の間の今、
ふきのとうなどはちょっと遅いそうですが、つくしなど色々な山菜が出てました。
宇陀の牛蒡など、奈良の伝統野菜も。これは土に雲母がいて、キラキラしているそうです。

私は、大和芋のお汁が最高でした。中の具材も一つ一つ丁寧に下味がついてます。
15種類以上のお料理たち、これだけのものを作るのは大変ですよね。 


これも珍しい、あざみのごま和え。
正暦寺 (2)
初めて食べました。大きくなるとイガイガするので
出だしの頃だけおいしくいただけるそうです。


正暦寺 (4)
お料理やお寺の話などを色々説明して下さいました。
床の間に飾られていた、柳の枝についた厄除け御守の牛玉宝印の説明です。
牛は仏教では神聖な動物、玉は王様の中の王様を意味します。
こちらの江戸時代からの版木だそうです。

正暦寺 (5)
刺繍で彩られた菩薩さま。


予約時に砂糖を控えてもらったのですが、丁寧に作られており、
上品な薄味で、とってもおいしく頂きました。ありがとうございました。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。