Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 奈良で擂茶TOP中国茶・お茶 ≫ 奈良で擂茶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

奈良で擂茶

奈良で擂茶をいただきました。(→おちゃのこ

台湾で時間がなくて飲めなかった擂茶。
奈良で飲めると情報を得て、これはぜひ行かねば~と

擂茶(Lei-Cha)とは。。。
客家の人たちが、その昔農作業に勤しんでいた時代、簡単に栄養を補えるようにと考えたのが「擂茶」。
また、お客さんが来たら擂茶でもてなすのが、客家の伝統でした。
擂茶は宋代から始まったという説もありますが、殆どの資料では三国時代
から始まったと記載しています。
三国時代、蜀の名将:張飛を率いる大軍が武陵(現在の湖南)を攻める時、
大軍が疫病(瘟疫)に悩まされ、とて も戦える状態ではありません。
しかし張飛がとても厳しい人で、軍隊は 地元の人に被害を加える事が全くない事に感動、
地元の名医が門外不出 の処方を張飛に献上しました。擂茶を飲んだ大 軍が元気になり、
その後、擂茶作り方が武陵を始め、客家の間で広がり、 現代まで伝えられて来ました。

また「三生茶」ともいわれており、
この呼び名は、お茶、生米、生姜を挽いて作ったお茶を飲んだ張飛がその味を絶賛、
「この茶を飲めば三生(三世)までも幸せになれる」と語ったことに由来しているとも。
 


色々なものを摺って飲むという食事の代わりにもなった、
栄養価の高いお茶のことなんです。
本場台湾では、健康擂茶とか美容向けとか色々あるそうです。

らい茶 (3)
20種類もの豆や穀類が入ってます
らい茶 (2)
大和茶とのセット。緑豆も入っており、薄黄緑色です。
ほんのり甘く、きな粉のようなコクがあっておいしい。

らい茶
奈良のお茶が色々売ってました。明るく入りやすい店内です。

朝ごはんに飲みたいお茶でした♪





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。