Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 原価について考えるTOPマクロビな思考 ≫ 原価について考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

原価について考える

今日は、
よかったらお勉強にいかがですか?とお声をかけていただき(ありがたいです)、
製菓専門学校の卒業制作を見学に行ってきました。

20代前半の若い方の熱い想いやエネルギーを間近に見させてもらい、
なんだか甘酸っぱい気持ちがこみあげてきました

RIMG1912.jpg RIMG1913.jpg
賞をとられた飴細工です。 マカロンを飴細工してるなんて!とっても細かく美しいです

RIMG1916.jpg
スイーツもいただきました。紅茶つきで700円。
ジュエルの名前に例えて、見た目もきれいです。トング豆のアイスがおいしかったです


生徒さんたちによる
『原価』とテーマをきちんと考えての企業さまへの最終プレゼンを見させて頂きました。
こっちの喉が渇きそうなくらい、緊張が伝わりました。
でも、皆さんすごく頑張ってて、どれも食べたくなりました


マクロビオティックで置き換えて考えてみると。。。。

原価を考えるって、なかなか難しいなと思います。

私もイベントで作ったりする時、原価割れになることもしばしば。
趣味で自身が楽しんで作ってるので、それでOKなんですけど、
やはり経営されるとなると、『いい意味での妥協』というのをどこではかるか、
皆さんの悩みどころではないでしょうか。

売価を上げたらいいんでしょうけど、
一般のお客様にとってはハードルが高くなりますよね。
価格に意味や価値を持たせて、きちんとお客様へ伝え、理解を促し、納得をはかる。

想いと現実、ここの着地地点、
経営者とお客様と生産者のWIN WINの関係性の構築、
これはマクロビオティックをビジネスで考えていく場合、重要になると思っています。

どうしてもいいことをしてる、提供していると独りよがりになってしまいがちなのですが、
提供する側が疲弊しては元も子もないですもんね。

なんて事を考えた1日でした。

私的には、手軽にいいものを外食できる場が増えたらいいな~と思ってるだけなんですが




RIMG1919.jpg
ヒルトン下でかなり遅いランチです。さっぱり参鶏湯でした。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。