Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ Ca sento (カセント)☆☆☆TOP②お店-色々 ≫ Ca sento (カセント)☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Ca sento (カセント)☆☆☆

あのカセントでランチです

[Ca sento (カセント)]

神戸市中央区中山手通4-16-14
078-272-6882


ミシュラン獲得前に、訪問したことがあり本当に感動
どうしてもグルマン友達たちと行きたかったのですが、
でも☆3つの獲得後は、当たり前のごとく予約が取れません

でも、なんとご縁がありまして、2月の予約を取って頂きました。
(ありがとうございました)
11月に予約して、3カ月越しのランチです。

スペイン料理なのですが、スペイン料理にあらず。
もちろんフレンチでもなく、[FUJIYA1935]ほどエルブジでもなく、
なんというか、カセントなのです。

料理ですが、もうため息のみ、本当に無駄がありません。
バターやソースでごまかしてたりはもちろんなく、
素材の旨みを引き出すってこういうことなんだ~と。
(素材そのままではなく、プラスされて引き出されているんです)

手の込みようはハンパないんですけど、気負わずにいただけちゃう、
本当に全ておいしく、そして見た目も美しく、すごい感動させられるお店です

では6000円コースのメニュー紹介です。
(今日は写真がたくさんです。見て頂いてありがとうございます)

RIMG1952.jpg RIMG1921.jpg
外観からワクワク♪ 緑に包まれているイメージです。
セッティングされているナプキンやカトラリーってお店のテイストがわかり、楽しいですよね。


RIMG1922.jpg RIMG1923.jpg
私たち4名は窓際でした。5~6組で満席です。 中辛な飲みやすいCAVAです。

RIMG1926.jpg RIMG1927.jpg
なんと、ふのりのスープ!こんなおいしいふのりは初めて!中にはごぼうのフランです。
ふきのとうの苦みがアクセント、これはマクロではないのか!?と、4名いきなりノックアウト


RIMG1928.jpg
北海道仙鳳趾(せんぽうし)産のムール貝 マジョラムの泡のムース仕立て。
こんなおいしいムール貝は初めて!プリプリでとってもクリーミーでジューシーです。
ムール貝って、しおしおになっている添え物なイメージだったんですが、撤回です!


RIMG1931.jpg
こちらの名物(と私が思ってる)タパス色々です。本場で食べたものより洗練されておいしい
すごいたくさんの種類が出てきます。

・バスク地方リモーム豚の生ハム・自家製ハム・河内鴨の新鮮な血で作ったモルシージャ(ソーセージ)
・アーモンドの冷たいガスパチョ・スペイン産アンチョビ バルサミコ酢の玉ねぎ
・さばと蕪のマリネ コカ生地(これ最高!)・たらのすり身ブランダード(揚げた春巻き風です)
・明石天然ひらめのモホソース 肝を添えて スペイン産の空豆のピューレとともに(これも!)
・フォアグラテリーヌカカオチュイール オレオなイメージだそうです 贅沢すぎなオレオ!
 


RIMG1932.jpg RIMG1934.jpg
飲みやすい軽めのミディアムボディ スペインなイラストです。
パンはコムシノワ西川シェフのサ・マーシュのもの 米粉でもっちりおいしい~


RIMG1936.jpg RIMG1938.jpg
無農薬野菜の下には温野菜 エダムチーズのソースをかけて頂きますが、
ソースではなく、もうスープです。飲み干したいくらいです。器も遊び心あります

河内鴨のロースト ワサビ菜とそばの実の添えがついています。 本当においしい鴨!
フロマージュブランのソースや赤玉ねぎ、胡椒のアクセントがきいて、飽きません。
鴨といえばベリーと思っていたのですが、そばの実ととっても合うんです。
よく考えたら、鴨南蛮ってそうですよね


RIMG1939.jpg
旨みがギュギュギュと出たリゾット。濃くないのに、ギュギュギュと出てます。

RIMG1944.jpg
1・2・3月と冬のお誕生日が重なってました。6月生まれの友人が仕込んでくれてました。
いつも尊敬してますが、気のつき方がさすが、素敵な人です
トイレ長いと思っていた私って。。。
りえちゃんのハート、大阪市のイチョウではありません。


RIMG1946.jpg RIMG1947.jpg
ミカンのソルベ、人参のバルサミコ酢添え 人参がなぜこんなにシャクシャクしているのか。。
めーーちゃおいしいフォンダンショコラです。もうチョコです。弓削牧場のアイスとともに。


RIMG1948.jpg
コーヒーとともにショコラです。塩がアクセントにきいてます。

さりげなくシェフの想いが入口に書いてありました。
『生産者の顔が見える健全で良質な食材に学びながら、
僕が過ごした土地に伝わるクラッシックを未来に残したい。
そう思いながら、今の、そしてこれからの料理を作ります』

修業されていたヴァレンシアの名店“Ca’Sento”への最大の敬意をこめて
名前をつけられたそうです。

真摯な想いがあるからこそ、こんなに人を感動させられるんですね。

心もお腹もいっぱいになりました。ごちそうさまでした



RIMG1949.jpg
面白く大好きな面々とのランチ。

皆が元気で楽しく過ごしてほしいと願ってます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。