Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 神戸モスクTOP徒然日記 ≫ 神戸モスク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

神戸モスク

カセントを出て、寄り道。

日本で一番古いという歴史的建造物のモスクです。
1935年に神戸在住のトルコ人・タタール人・インド人貿易商らの
出資により建設されたそうです。

設計はチェコ人のヤン・ヨセフ・スワガーです。
横浜の山手カトリック教会、北海道のトラピスト修道院宅などを設計。
エジプト式やインド式が混じっているそうです。

[神戸モスク]
神戸市中央区中山手通り 2-25-14
078-231-6060


RIMG1954.jpg RIMG1955.jpg

中を覗いて、少し入っていたら(不法侵入)、
彫りの深い外人の方にどうぞ~と声をかけて頂き見学させて頂きました。
女性は2階から見学です。(写真撮影は×)
中にはムスリムの女性2名がメッカの方向(西)に礼拝しておりました。

イスラム教って日本人は余りなじみがないと思うのですが、
以前、興味もあり、イスラム教入門なる本を読んでみて、価値観がガラッと変わりました。
なるほど納得させられる事も多かったです。

その後、旅行先のトルコやスペインでイスラム文化に触れ感動しました。
モスクもカトリックのように華美じゃないんですが、本当に綺麗なんですよね。

「イスラームという生き方」という解説書のようなものをいただいたので、
早速読んでみたいと思います。
RIMG0042.jpg

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。