Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 中国茶藝師 試験TOP中国茶・お茶 ≫ 中国茶藝師 試験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

中国茶藝師 試験

中国茶藝師 試験

20日~24日まで、
中国の杭州に 中国茶芸の試験に行ってきました。

私は中国が好きで、中国に行くとなぜだかしっくりくるんです。
中華料理も好きですし、中国語も習っていました。

その中で、中国茶の奥深さに魅了されたのは、天王寺にある「無我茶館」の
王先生のもとで本当においしい中国茶を頂いて、とても感動したんです
茶葉だけなのに、こんなにいい香りでこんなにおいしい。
その世界を知りたくて入ったものの、奥深すぎました
http://mugachakan.jp/
王先生はかわいらしくおもしろい先生です。


勉強の過程にあるのが、中国茶藝師の試験。
中国政府人民資源和社会保障部認定「茶藝師」の資格なんだそうです。
日本人は高級まで受験できるそうです。
私は今回は中級試験です。高級は中級を合格後3年たたないと受験できません。

初級は日本で受けます。中級~は中国で受験します。
短期集中ツアーでの試験もあったそうですが、
私たちは中国人の王先生のもとで習っているので、
中国人と一緒に受けないといけないらしく、難易度が上がてしまうそうです
でも厳しく楽しく勉強させてもらえるのはありがたいです。

さて試験内容は、
①中級は100問(高級200問)の筆記試験。
②10種類の茶葉を見て、茶葉名を漢字で書きます。(高級20種類)
③品評茶 今回は祁門紅茶をランク別で飲み比べます。
④茶藝 4種類のお茶から茶芸を選び披露します。


本当は11月の試験だったのですが、
3月の試験では「径山寺で精進料理を食べる」という行程があると聞き、
マクロビオティック的にも行かなきゃ!と思い、
試験よりも精進料理目的もありました

次から旅行内容を書いていきます

Comment

こんばんは
編集
こんばんは!無我茶館で今まさに勉強中です!
10月に試験の為、中国に行く予定です。
去年、受けられたんですね^^お話聞かせていただけると嬉しいです☆今後も活動頑張ってください!応援しています!
2012年07月22日(Sun) 20:43
臨時応変で
編集
試験は、絶対大丈夫ですよ!
何があっても驚かず、「臨機応変」ではなく「臨時応変」マインドでいってください。
びっくりすることだらけでした(笑)
あと、近くの本屋さん、皆が殺到するので、早めにお茶の本を買うことをおすすめします。
2012年09月10日(Mon) 14:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。