Confo@TABLE

「食べ物でカラダは変わる、カラダが変わるとココロが変わる」 マクロビオティックや薬膳をベースに ココロとカラダに優しい「野菜と穀物のお料理とお菓子つくり」をテーマにConfo@TABLEとして活動中。
TOPスポンサー広告 ≫ 大人の遠足 こんにゃく作り①TOP①お店-マクロビ・薬膳系 ≫ 大人の遠足 こんにゃく作り①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

大人の遠足 こんにゃく作り①

いい天気の今日は、さーくるふじ17名&おチビちゃん4名で、
奈良の王隠堂さんで「こんにゃく作り体験」です。

[農悠舎 王隠堂]
奈良県五條市野原中4丁目5番30号
0747-26-1831


以前も、柿の葉寿司作り&大和野菜の「大和まな」の畑を見学させて頂きました。
色々季節にあわせて体験ができるので、お勧めスポットです。
今回は「こんにゃくづくり」です。
いも デモ
生のこんにゃく芋、はじめて見ました。  昔は手でつぶしてたので大変だったそうです。

デモ (3) デモ (4)
ミキサーで撹拌してから、手で混ぜます。結構固まってきます。
アクが強いので里芋なみに手がかゆい。。。
ある程度固まったら石灰を入れて、あとは軽く混ぜるだけ。

デモ (5) デモ (6)
まるめて30~1時間ゆがきます。やはりアクが強いです。

このアクが大切なんです。
私は豆腐のようにお水を変えたらいいと思ってたのですが、
こんにゃくはこのゆがき汁でひたしておくと、3か月程もつそうです。

こんにゃく芋の皮を混ぜるから、あのこんにゃく色(グレー)になるそうです。
(白いのは皮をむいています)
偽物のは、こんにゃく芋を使っていますよ~風にするため、
ひじきなどで黒のブツブツ感を出すそうです。

ランチでゆがきたてを頂きましたが、
すごくやわらかくぷりぷりでした。

お土産もたくさん頂いたので、
自家製の甜麺醤(玄米甘酒と八丁味噌などで作ります)で刺身で食べましたが、
大好評!こんなこんにゃく食べた事ない~との声も。
本当に臭くなくて、なんとも言えない歯ごたえでおいしいかったです。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。